The clinical significance of the acetylcholine stress test after the isosorbide dinitrate injection for diagnosing coronary vasospastic angina pectoris : Involvement of plasma endothelin 硝酸薬投与後のアセチルコリン負担試験の臨床的意義 : 血漿エンドセリンの関与について

この論文をさがす

著者

    • 江角, 仁志 エズミ, ヒトシ

書誌事項

タイトル

The clinical significance of the acetylcholine stress test after the isosorbide dinitrate injection for diagnosing coronary vasospastic angina pectoris : Involvement of plasma endothelin

タイトル別名

硝酸薬投与後のアセチルコリン負担試験の臨床的意義 : 血漿エンドセリンの関与について

著者名

江角, 仁志

著者別名

エズミ, ヒトシ

学位授与大学

昭和大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第1579号

学位授与年月日

2001-03-22

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000230623
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000231122
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000004109634
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ