【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Correlation between inhibition of gastric acid secretion by continuous ranitidine infusion followed by oral omeprazole administration and histologic features in H. pylori-positive patients with hemorrhagic gastric ulcer ヘリコバクターピロリ陽性出血性胃潰瘍患者におけるラニチジン持続静注とオメプラゾール経口投与の酸分泌抑制効果と組織学的特徴との相関

この論文をさがす

著者

    • 冨田, 高重 トミタ, タカシゲ

書誌事項

タイトル

Correlation between inhibition of gastric acid secretion by continuous ranitidine infusion followed by oral omeprazole administration and histologic features in H. pylori-positive patients with hemorrhagic gastric ulcer

タイトル別名

ヘリコバクターピロリ陽性出血性胃潰瘍患者におけるラニチジン持続静注とオメプラゾール経口投与の酸分泌抑制効果と組織学的特徴との相関

著者名

冨田, 高重

著者別名

トミタ, タカシゲ

学位授与大学

昭和大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第1638号

学位授与年月日

2002-03-14

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000230682
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000231182
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000004110151
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ