Anti-transforming growth factor-β1 antibody improves survival rate following partial hepatectomy in cirrhotic rats ラット肝硬変モデルにおけるTransforming Growth Factor-β1中和抗体を用いた肝切除術後・肝不全改善効果の検討

この論文をさがす

著者

    • 大原, 一規 オオハラ, カズノリ

書誌事項

タイトル

Anti-transforming growth factor-β1 antibody improves survival rate following partial hepatectomy in cirrhotic rats

タイトル別名

ラット肝硬変モデルにおけるTransforming Growth Factor-β1中和抗体を用いた肝切除術後・肝不全改善効果の検討

著者名

大原, 一規

著者別名

オオハラ, カズノリ

学位授与大学

昭和大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第1672号

学位授与年月日

2002-03-28

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000230715
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000231215
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000004110416
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ