側頭葉てんかんにおける海馬歯状回顆粒細胞新生の病態意義 : カイニン酸モデルを用いた実験的研究 Status epilepticus-induced neurogenesis and neuron loss in the kainate model of temporal lobe epilepsy

この論文をさがす

著者

    • 二宮, 貴至 ニノミヤ, タカシ

書誌事項

タイトル

側頭葉てんかんにおける海馬歯状回顆粒細胞新生の病態意義 : カイニン酸モデルを用いた実験的研究

タイトル別名

Status epilepticus-induced neurogenesis and neuron loss in the kainate model of temporal lobe epilepsy

著者名

二宮, 貴至

著者別名

ニノミヤ, タカシ

学位授与大学

香川医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第372号

学位授与年月日

2003-03-24

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000231126
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000231630
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000004115172
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ