神経因性疼痛の発症・維持機構における脊髄グルタメート放出の関与 : Cilnidipineによる修飾作用 The involvement of spinal glutamate release in developing and maintaining neuropathic pain in rats : Modulation by cilnidipine

この論文をさがす

著者

    • 太田, 恵 オオタ, メグミ

書誌事項

タイトル

神経因性疼痛の発症・維持機構における脊髄グルタメート放出の関与 : Cilnidipineによる修飾作用

タイトル別名

The involvement of spinal glutamate release in developing and maintaining neuropathic pain in rats : Modulation by cilnidipine

著者名

太田, 恵

著者別名

オオタ, メグミ

学位授与大学

九州歯科大学

取得学位

博士 (歯学)

学位授与番号

甲第469号

学位授与年月日

2002-03-29

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000231306
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000231822
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000004132404
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ