Four tyrosine residues in phospholipase C-γ2, identified as Btk-dependent phosphorylation sites, are required for B cell antigen receptor-coupled calcium signaling Btkによるリン酸化部位として同定したphospholipaseC-γ2の4つのチロシン残基はB細胞抗原受容体刺激に伴うカルシウム関連シグナルに必須である

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 渡邊, 大 ワタナベ, ダイ

書誌事項

タイトル

Four tyrosine residues in phospholipase C-γ2, identified as Btk-dependent phosphorylation sites, are required for B cell antigen receptor-coupled calcium signaling

タイトル別名

Btkによるリン酸化部位として同定したphospholipaseC-γ2の4つのチロシン残基はB細胞抗原受容体刺激に伴うカルシウム関連シグナルに必須である

著者名

渡邊, 大

著者別名

ワタナベ, ダイ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第8998号

学位授与年月日

2003-03-25

注記・抄録

博士論文

14401甲第08998号

博士(医学)

大阪大学

2003-03-25

17632

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000231584
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000232102
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000004135466
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
ページトップへ