Gc protein-derived macrophage activating factor (GcMAF) : Enzymatic preparative, structural studies, biological activities, and effect of tumor-derived alpha-N-acetylgalactosaminidase on its activity Gcタンパク質由来マクロファージ活性化因子(GcMAF) : 酵素処理調製法,構造解析,および生物活性,ならびにGcMAFの活性に対するがん由来アルファ-N-アセチルガラクトサミニダーゼの影響に関する研究

この論文をさがす

著者

    • Saharuddin Bin Mohamad サハルディン ビン モハマッド

書誌事項

タイトル

Gc protein-derived macrophage activating factor (GcMAF) : Enzymatic preparative, structural studies, biological activities, and effect of tumor-derived alpha-N-acetylgalactosaminidase on its activity

タイトル別名

Gcタンパク質由来マクロファージ活性化因子(GcMAF) : 酵素処理調製法,構造解析,および生物活性,ならびにGcMAFの活性に対するがん由来アルファ-N-アセチルガラクトサミニダーゼの影響に関する研究

著者名

Saharuddin Bin Mohamad

著者別名

サハルディン ビン モハマッド

学位授与大学

徳島大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1382号

学位授与年月日

2003-03-24

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000232316
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000232843
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000004161606
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ