The utility of PIVKA-2, AFP and AFP-L3 in evaluating therapeutic effects and predicting recurrence of hepatocellular carcinoma following treatment by percutaneous ethanol injection 肝細胞癌に対するPEI治療の効果判定と再発予知に関する腫瘍マーカーの意義 : PIVKA-2、AFP、AFP-L3の有用性

この論文をさがす

著者

    • 大部, 誠道 オオブ, マサミチ

書誌事項

タイトル

The utility of PIVKA-2, AFP and AFP-L3 in evaluating therapeutic effects and predicting recurrence of hepatocellular carcinoma following treatment by percutaneous ethanol injection

タイトル別名

肝細胞癌に対するPEI治療の効果判定と再発予知に関する腫瘍マーカーの意義 : PIVKA-2、AFP、AFP-L3の有用性

著者名

大部, 誠道

著者別名

オオブ, マサミチ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第2379号

学位授与年月日

2003-03-25

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000232499
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000233027
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000004163601
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ