Serum immunosuppressive acidic protein doubling time serves as a prognostic factor for recurrent renal cell carcinoma following nephrectomy 再発腎癌における予後因子としての血清免疫抑制蛋白(IAP)倍加時間およびカットオフ値の検討

この論文をさがす

著者

    • 荒木, 千裕 アラキ, カズヒロ

書誌事項

タイトル

Serum immunosuppressive acidic protein doubling time serves as a prognostic factor for recurrent renal cell carcinoma following nephrectomy

タイトル別名

再発腎癌における予後因子としての血清免疫抑制蛋白(IAP)倍加時間およびカットオフ値の検討

著者名

荒木, 千裕

著者別名

アラキ, カズヒロ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第2427号

学位授与年月日

2003-03-25

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000232547
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000233075
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000004163960
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ