Glyceraldehyde 3-phosphate dehydrogenase (GAPDH) and endothelin-1 immunoreactivity is associated with cerebral white matter damage in dentatorubral-pallidoluysian atrophy (DRPLA) 歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症(DRPLA)における大脳白質病変とグリセルアルデヒド3リン酸脱水素酵素およびエンドテリン1との免疫組織化学的関連性

この論文をさがす

著者

    • 塩沢, 真揮 シオザワ, マサキ

書誌事項

タイトル

Glyceraldehyde 3-phosphate dehydrogenase (GAPDH) and endothelin-1 immunoreactivity is associated with cerebral white matter damage in dentatorubral-pallidoluysian atrophy (DRPLA)

タイトル別名

歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症(DRPLA)における大脳白質病変とグリセルアルデヒド3リン酸脱水素酵素およびエンドテリン1との免疫組織化学的関連性

著者名

塩沢, 真揮

著者別名

シオザワ, マサキ

学位授与大学

福井医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第195号

学位授与年月日

2003-03-25

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000232758
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000233287
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000004166103
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ