【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Bestatin results in pathophysiological changes similar to preeclampsia in rats via induction of placental apoptosis ラットへのベスタチン投与による胎盤アポトーシスを介する妊娠中毒症様病生理学的変化の誘導

この論文をさがす

著者

    • 村田, 泰隆 ムラタ, ヤスタカ

書誌事項

タイトル

Bestatin results in pathophysiological changes similar to preeclampsia in rats via induction of placental apoptosis

タイトル別名

ラットへのベスタチン投与による胎盤アポトーシスを介する妊娠中毒症様病生理学的変化の誘導

著者名

村田, 泰隆

著者別名

ムラタ, ヤスタカ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第5746号

学位授与年月日

2003-03-25

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000232950
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000233480
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000004177620
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ