発達期セロトニン系破壊による生後行動変化とテトラヒドロビオプテリンの改善効果 Improvement by repeated administration of 6R-tetrahydrobiopterin of 5,7-dihydroxytryptamine-induced abnormal behaviors in immature rats

この論文をさがす

著者

    • 水間, 広 ミズマ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

発達期セロトニン系破壊による生後行動変化とテトラヒドロビオプテリンの改善効果

タイトル別名

Improvement by repeated administration of 6R-tetrahydrobiopterin of 5,7-dihydroxytryptamine-induced abnormal behaviors in immature rats

著者名

水間, 広

著者別名

ミズマ, ヒロシ

学位授与大学

杏林大学

取得学位

博士 (保健学)

学位授与番号

博甲保第23号

学位授与年月日

2003-03-31

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000233167
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000233699
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000004179298
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ