ラット腹腔内マスト細胞における細胞内カルシウム濃度変化とヒスタミン遊離に対するmethy1 p-hydroxybenzoate(methy1 paraben)の作用に関する研究 Effects of methy1 p-hydroxybenzoate (methy1 paraben) on Ca[2+] concentration and histamine release in rat peritoneal mast cells

この論文をさがす

著者

    • 福ヶ迫, 早苗 フクガサコ, サナエ

書誌事項

タイトル

ラット腹腔内マスト細胞における細胞内カルシウム濃度変化とヒスタミン遊離に対するmethy1 p-hydroxybenzoate(methy1 paraben)の作用に関する研究

タイトル別名

Effects of methy1 p-hydroxybenzoate (methy1 paraben) on Ca[2+] concentration and histamine release in rat peritoneal mast cells

著者名

福ヶ迫, 早苗

著者別名

フクガサコ, サナエ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (歯学)

学位授与番号

甲第6354号

学位授与年月日

2003-03-25

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000233392
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000233927
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000004180468
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ