活性酸素消去作用をベースとした新規胃炎・胃潰瘍治療薬rebamipideの消化管粘膜保護作用の研究 Gastrointestinal mucosal protection by a novel anti-gastritis and anti-gastric ulcer agent, rebamipide based on its free radical scavenging activity

この論文をさがす

著者

    • 櫻井, 一志 サクライ, カズシ

書誌事項

タイトル

活性酸素消去作用をベースとした新規胃炎・胃潰瘍治療薬rebamipideの消化管粘膜保護作用の研究

タイトル別名

Gastrointestinal mucosal protection by a novel anti-gastritis and anti-gastric ulcer agent, rebamipide based on its free radical scavenging activity

著者名

櫻井, 一志

著者別名

サクライ, カズシ

学位授与大学

新潟薬科大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第8号

学位授与年月日

2003-03-14

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000233804
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000234340
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000004194826
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ