Hepatocellular carcinoma caused by loss of heterozygosity in Lkb1 gene knockout mice Lkb1ヘテロノックアウトマウスに発生する肝癌はLkb1遺伝子のLOHにより発生する

この論文をさがす

著者

    • 中右, 雅之 ナカウ, マサユキ

書誌事項

タイトル

Hepatocellular carcinoma caused by loss of heterozygosity in Lkb1 gene knockout mice

タイトル別名

Lkb1ヘテロノックアウトマウスに発生する肝癌はLkb1遺伝子のLOHにより発生する

著者名

中右, 雅之

著者別名

ナカウ, マサユキ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第10097号

学位授与年月日

2003-03-24

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000234303
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000234845
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000004197944
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ