Possible role of ceramide as an indicator of chemoresistance : Decrease of the ceramide content via activation of glucosylceramide synthase and sphingomyelin synthase in chemoresistant leukemia 化学療法抵抗性の指標としてのceramideの役割 : 化学療法耐性の白血病細胞ではglucosylceramide合成酵素とsphingomyelin合成酵素の活性化を経てceramide含有量は減少する

この論文をさがす

著者

    • 伊藤, 満 イトウ, ミツル

書誌事項

タイトル

Possible role of ceramide as an indicator of chemoresistance : Decrease of the ceramide content via activation of glucosylceramide synthase and sphingomyelin synthase in chemoresistant leukemia

タイトル別名

化学療法抵抗性の指標としてのceramideの役割 : 化学療法耐性の白血病細胞ではglucosylceramide合成酵素とsphingomyelin合成酵素の活性化を経てceramide含有量は減少する

著者名

伊藤, 満

著者別名

イトウ, ミツル

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第11180号

学位授与年月日

2003-03-24

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000234627
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000235174
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000004199419
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ