イタリア北部を中心とした1920年代後半から30年代のイタリア合理主義の建築思潮に関する研究 Architectural thought of Italian rationalism in northern Italy from the late 1920s to the 1930s

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 北川, 佳子 キタガワ, ケイコ

書誌事項

タイトル

イタリア北部を中心とした1920年代後半から30年代のイタリア合理主義の建築思潮に関する研究

タイトル別名

Architectural thought of Italian rationalism in northern Italy from the late 1920s to the 1930s

著者名

北川, 佳子

著者別名

キタガワ, ケイコ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1754号

学位授与年月日

2003-03-06

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:甲1754号 ; 学位の種類:博士(工学) ; 授与年月日:2003/3/6 ; 早大学位記番号:新3517

8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000234805
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000235353
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000004204903
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
ページトップへ