【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Acute late sepsis attenuates effects of a non-depolarizing neuromuscular blocker, rocuronium, induced by facilitation of endplate potential and enhancement of membrane excitability in vitro 急性敗血症終末期には終板電位の増大および膜興奮性の増強により非脱分極性神経筋遮断薬であるロクロニウムの作用が減弱される

この論文をさがす

著者

    • 新谷, 知久 ニイヤ, トモヒサ

書誌事項

タイトル

Acute late sepsis attenuates effects of a non-depolarizing neuromuscular blocker, rocuronium, induced by facilitation of endplate potential and enhancement of membrane excitability in vitro

タイトル別名

急性敗血症終末期には終板電位の増大および膜興奮性の増強により非脱分極性神経筋遮断薬であるロクロニウムの作用が減弱される

著者名

新谷, 知久

著者別名

ニイヤ, トモヒサ

学位授与大学

札幌医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第853号

学位授与年月日

2006-03-31

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000355510
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000356627
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000008472476
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ