【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

インターフェロン著効C型肝炎例における肝発癌危険因子としての血清鉄値の有用性 High serum iron level as a risk factor for hepatocellular carcinoma in hepatitis C patients with sustained virological response to interferon

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大西, 泰裕 オオニシ, ヤスヒロ

書誌事項

タイトル

インターフェロン著効C型肝炎例における肝発癌危険因子としての血清鉄値の有用性

タイトル別名

High serum iron level as a risk factor for hepatocellular carcinoma in hepatitis C patients with sustained virological response to interferon

著者名

大西, 泰裕

著者別名

オオニシ, ヤスヒロ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第4132号

学位授与年月日

2006-09-30

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000355931
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000357052
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000008473346
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
ページトップへ