【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

High plasma levels of macrophage migration inhibitory factor are associated with adverse long-term outcome in patients with stable coronary artery disease and impaired glucose tolerance or type 2 diabetes mellitus 血漿でのMIFレベルが高値であることが、安定した冠動脈疾患有し、耐糖能異常または糖尿病の患者で、長期的な有害事象の発生に関与する

この論文をさがす

著者

    • 牧野, 有高 マキノ, アリタカ

書誌事項

タイトル

High plasma levels of macrophage migration inhibitory factor are associated with adverse long-term outcome in patients with stable coronary artery disease and impaired glucose tolerance or type 2 diabetes mellitus

タイトル別名

血漿でのMIFレベルが高値であることが、安定した冠動脈疾患有し、耐糖能異常または糖尿病の患者で、長期的な有害事象の発生に関与する

著者名

牧野, 有高

著者別名

マキノ, アリタカ

学位授与大学

山梨大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第45号

学位授与年月日

2011-06-15

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000546594
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000548674
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023228336
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ