【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Detecting damaged regions of cerebral white matter in the subacute phase after carbon monoxide poisoning using voxel-based analysis with diffusion tensor imaging 拡散テンソル画像のボクセル解析を用いた一酸化炭素中毒後亜急性期における大脳白質障害部位の検出

この論文をさがす

著者

    • 藤原, 俊朗 フジワラ, シュンロウ

書誌事項

タイトル

Detecting damaged regions of cerebral white matter in the subacute phase after carbon monoxide poisoning using voxel-based analysis with diffusion tensor imaging

タイトル別名

拡散テンソル画像のボクセル解析を用いた一酸化炭素中毒後亜急性期における大脳白質障害部位の検出

著者名

藤原, 俊朗

著者別名

フジワラ, シュンロウ

学位授与大学

岩手医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第728号

学位授与年月日

2012-03-02

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000560498
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000562709
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023891178
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ