【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

ヒトα-synuclein(A30P+A53T)Tgマウスの進行性運動機能障害に対する化学シャペロンであるsodium 4-phenylbutyric acidの治療効果の検討 A chemical chaperone, sodium 4-phenylbutyric acid, attenuates the pathogenic potency in human α-synuclein A30P+A53T transgenic mice

この論文をさがす

著者

    • 小野, 和彦 オノ, カズヒコ

書誌事項

タイトル

ヒトα-synuclein(A30P+A53T)Tgマウスの進行性運動機能障害に対する化学シャペロンであるsodium 4-phenylbutyric acidの治療効果の検討

タイトル別名

A chemical chaperone, sodium 4-phenylbutyric acid, attenuates the pathogenic potency in human α-synuclein A30P+A53T transgenic mice

著者名

小野, 和彦

著者別名

オノ, カズヒコ

学位授与大学

福岡大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第1275号

学位授与年月日

2009-09-29

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000560607
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000562818
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 023892450
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ