【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Anti-moesin antibodies derived from patients with aplastic anemia stimulate monocytic cells to secrete TNF-α through an ERK1/2-dependent pathway 再生不良性貧血患者血清由来抗モエシン抗体はERK1/2経路により単球からのTNF-α分泌を促進する

この論文をさがす

著者

    • Espinoza Calderon Jorge Luis エスピノザ カルデロン ホルヘ ルイス

書誌事項

タイトル

Anti-moesin antibodies derived from patients with aplastic anemia stimulate monocytic cells to secrete TNF-α through an ERK1/2-dependent pathway

タイトル別名

再生不良性貧血患者血清由来抗モエシン抗体はERK1/2経路により単球からのTNF-α分泌を促進する

著者名

Espinoza Calderon Jorge Luis

著者別名

エスピノザ カルデロン ホルヘ ルイス

学位授与大学

金沢大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第3557号

学位授与年月日

2009-09-28

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000561986
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000564200
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023915022
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ