【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Clinical significance of cloned expansion and CD5 down-regulation in Epstein-Barr virus (EBV)-infected CD8[+] T lymphocytes in EBV-associated hemophagocytic lymphohistiocytosis Epstein-Barrウイルス(EBV)関連血球貪食性リンパ組織球症におけるEBV感染CD8陽性T細胞のクローン性増殖とCD5発現低下の臨床的意義

この論文をさがす

著者

    • 栂, 暁子 トガ, アキコ

書誌事項

タイトル

Clinical significance of cloned expansion and CD5 down-regulation in Epstein-Barr virus (EBV)-infected CD8[+] T lymphocytes in EBV-associated hemophagocytic lymphohistiocytosis

タイトル別名

Epstein-Barrウイルス(EBV)関連血球貪食性リンパ組織球症におけるEBV感染CD8陽性T細胞のクローン性増殖とCD5発現低下の臨床的意義

著者名

栂, 暁子

著者別名

トガ, アキコ

学位授与大学

金沢大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第3617号

学位授与年月日

2012-03-22

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000562100
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000564315
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023918847
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ