【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Prevention of intrahepatic metastasis of liver cancer by suicide gene therapy and chemokine ligand 2/monocyte chemoattractant protein-1 delivery in mice マウスモデルにおける肝癌肝内転移に対する自殺遺伝子と単球走化活性因子を用いた肝癌免疫遺伝子治療の検討

この論文をさがす

著者

    • 柿木, 嘉平太 カキノキ, カヘイタ

書誌事項

タイトル

Prevention of intrahepatic metastasis of liver cancer by suicide gene therapy and chemokine ligand 2/monocyte chemoattractant protein-1 delivery in mice

タイトル別名

マウスモデルにおける肝癌肝内転移に対する自殺遺伝子と単球走化活性因子を用いた肝癌免疫遺伝子治療の検討

著者名

柿木, 嘉平太

著者別名

カキノキ, カヘイタ

学位授与大学

金沢大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第2027号

学位授与年月日

2011-11-02

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000562182
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000564397
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023919715
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ