【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Usefulness of the MOSAIC (measurement of stenosis by aliasing coronary flow) method using transthoracic color Doppler echocardiography in unstable angina patients 不安定狭心症における経胸壁カラードプラ心エコーを用いたMOSAIC法の有用性 : 冠動脈エリアシング血流による冠動脈狭窄の測定

この論文をさがす

著者

    • 西村, 和久 ニシムラ, カズヒサ

書誌事項

タイトル

Usefulness of the MOSAIC (measurement of stenosis by aliasing coronary flow) method using transthoracic color Doppler echocardiography in unstable angina patients

タイトル別名

不安定狭心症における経胸壁カラードプラ心エコーを用いたMOSAIC法の有用性 : 冠動脈エリアシング血流による冠動脈狭窄の測定

著者名

西村, 和久

著者別名

ニシムラ, カズヒサ

学位授与大学

愛媛大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙医博第396号

学位授与年月日

2011-07-28

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000562442
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000564657
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023960445
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ