【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Disk injury in rats produces persistent increases in pain-related neuropeptides in dorsal root ganglia and spinal cord glia but only transient increases in inflammatory mediators : pathomechanism of chronic diskogenic low back pain 椎間板傷害は持続的な後根神経節の疼痛関連神経ペプチドの上昇と、一過性の炎症性サイトカインの上昇をもたらす : 慢性椎間板性腰痛の機序の研究

この論文をさがす

著者

    • 宮城, 正行 ミヤギ, マサユキ

書誌事項

タイトル

Disk injury in rats produces persistent increases in pain-related neuropeptides in dorsal root ganglia and spinal cord glia but only transient increases in inflammatory mediators : pathomechanism of chronic diskogenic low back pain

タイトル別名

椎間板傷害は持続的な後根神経節の疼痛関連神経ペプチドの上昇と、一過性の炎症性サイトカインの上昇をもたらす : 慢性椎間板性腰痛の機序の研究

著者名

宮城, 正行

著者別名

ミヤギ, マサユキ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第4751号

学位授与年月日

2012-03-27

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000562975
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000565192
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023973621
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ