【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Serum levels of B-cell activating factor of TNF family (BAFF) as a useful indicator for the activity of Graves’ disease TNFファミリーに属するサイトカイン、B細胞活性化因子(BAFF)の血中濃度はバセドウ病の活動性を反映する臨床マーカーとして有用である

この論文をさがす

著者

    • 砂川, 澄人 スナガワ, スミト

書誌事項

タイトル

Serum levels of B-cell activating factor of TNF family (BAFF) as a useful indicator for the activity of Graves’ disease

タイトル別名

TNFファミリーに属するサイトカイン、B細胞活性化因子(BAFF)の血中濃度はバセドウ病の活動性を反映する臨床マーカーとして有用である

著者名

砂川, 澄人

著者別名

スナガワ, スミト

学位授与大学

琉球大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲医研第375号

学位授与年月日

2011-09-30

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000564355
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000566585
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 024068329
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ