【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Clinical significance of measurement of urinary liver-type fatty acid-binding protein in patients with acute coronary syndrome 急性冠症候群患者における尿中L-FABP測定の臨床的意義

この論文をさがす

著者

    • 松森, 理枝 マツモリ, リエ

書誌事項

タイトル

Clinical significance of measurement of urinary liver-type fatty acid-binding protein in patients with acute coronary syndrome

タイトル別名

急性冠症候群患者における尿中L-FABP測定の臨床的意義

著者名

松森, 理枝

著者別名

マツモリ, リエ

学位授与大学

順天堂大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第1263号

学位授与年月日

2012-03-20

注記・抄録

博士論文

授与名簿の本タイトル: Clinical significance of the measurement of urinary liver-type fatty acid-binding protein levels in patients with acute coronary syndrome

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000564383
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000566613
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 024068473
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ