【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Predictive value of MGMT, hMLH1, hMSH2 and BRCA1 protein expression for pathological complete response to neoadjuvant chemotherapy in basal-like breast cancer patients 類基底細胞型乳癌患者における術前化学療法に対する病理学的完全奏効予測因子としてのMGMT、hMLH1、hMSH2、BRCA1蛋白発現解析の有用性

この論文をさがす

著者

    • 中井, 克也 ナカイ, カツヤ

書誌事項

タイトル

Predictive value of MGMT, hMLH1, hMSH2 and BRCA1 protein expression for pathological complete response to neoadjuvant chemotherapy in basal-like breast cancer patients

タイトル別名

類基底細胞型乳癌患者における術前化学療法に対する病理学的完全奏効予測因子としてのMGMT、hMLH1、hMSH2、BRCA1蛋白発現解析の有用性

著者名

中井, 克也

著者別名

ナカイ, カツヤ

学位授与大学

順天堂大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

乙第2194号

学位授与年月日

2012-01-20

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000564597
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000566832
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 024070648
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ