【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

CHIP-dependent termination of MEKK2 regulates transient activation of ERK that is required for proper gene expression in hyperosmotic response CHIPによるMEKK2分解を介したERKシグナルの時間的制御の高浸透圧ストレス応答における意義の解明

この論文をさがす

著者

    • 丸山, 剛 マルヤマ, タケシ

書誌事項

タイトル

CHIP-dependent termination of MEKK2 regulates transient activation of ERK that is required for proper gene expression in hyperosmotic response

タイトル別名

CHIPによるMEKK2分解を介したERKシグナルの時間的制御の高浸透圧ストレス応答における意義の解明

著者名

丸山, 剛

著者別名

マルヤマ, タケシ

学位授与大学

東京医科歯科大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第3960号

学位授与年月日

2011-03-24

注記・抄録

博士論文

授与名簿の本タイトル: CHIP-dependent termination of MEKK2 regulates temporal ERK activation required for proper hyperosmotic response

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000564759
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000566998
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 024071653
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ