Neovascularization induced by hypoxia inducible transcription factor is associated with the improvement of cardiac dysfunction in experimental autoimmune myocarditis 低酸素誘導転写因子により誘導される血管新生は、心筋炎における心機能低下を改善させうる

著者

    • 多田, 祐子

書誌事項

タイトル

Neovascularization induced by hypoxia inducible transcription factor is associated with the improvement of cardiac dysfunction in experimental autoimmune myocarditis

タイトル別名

低酸素誘導転写因子により誘導される血管新生は、心筋炎における心機能低下を改善させうる

著者名

多田, 祐子

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第30560号

学位授与年月日

2014-03-24

注記・抄録

学位の種別: 課程博士

目次

  1. 本文 / (4275_多田祐子_本文.pdf)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000731386
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000949724
  • 本文言語コード
    • eng
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ