重複障害児との相互輔生 : 行動体制と信号系活動

書誌事項

重複障害児との相互輔生 : 行動体制と信号系活動

梅津八三著

東京大学出版会, 1997.3

タイトル別名

Reciprocal psychological assistance for multiply handicapped children : behavior and sign system

タイトル読み

チョウフク ショウガイジ トノ ソウゴ ホセイ : コウドウ タイセイ ト シンゴウケイ カツドウ

大学図書館所蔵 件 / 139

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

文献: p271-274

内容説明・目次

目次

  • 第1部 障害者とのかかわり方(重度・重複障害者の教育のあり方;アヴェロンの野生児に学ぶ—心理学の理論と実際 ほか)
  • 第2部 盲児と開眼者の信号系活動の促進(先天性盲人の開眼手術直後の視覚体験;描画作用の機能的考察 ほか)
  • 第3部 信号系理論の構築(言語行動の系譜;生活活動における順応・調整作用 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA30185215
  • ISBN
    • 4130161032
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    10, 283p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ