時間と空間の誕生 : 蛙からアインシュタインへ

書誌事項

時間と空間の誕生 : 蛙からアインシュタインへ

ゲーザ・サモシ著 ; 松浦俊輔訳

青土社, 1997.7

  • : 新装版

タイトル別名

The twin dimensions inventing time & space

タイトル読み

ジカン ト クウカン ノ タンジョウ : カエル カラ アインシュタイン エ

大学図書館所蔵 件 / 77

注記

訳者による参考文献: p348-349

文献註: pxi-xxx

内容説明・目次

内容説明

時間とは何か?空間とは何か?現代物理学・生物学・音楽・美術など、さまざまな領域にわたって、宇宙誕生から現代に至る時空概念の変遷を刻明に跡づけ、新たなるコスモロジーの構築を図る。

目次

  • 1 序章
  • 2 生命の時空への適応—パターンの発見
  • 3 混沌への適応—哺乳類の脳での空間と時間
  • 4 初期人類の宇宙像—時間と空間が意味を獲得する
  • 5 時間の流れの法則と秩序—多声音楽と科学革命
  • 6 古典的な時間と空間—人間の顔をした哺乳類の世界
  • 7 哺乳類の基盤の割れ目—相対性理論
  • 8 空間、時間、量子—蛙の復活
  • 9 新しい現実の創造—芸術における空間と時間
  • 10 現在—時空しかないのか

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA31102279
  • ISBN
    • 4791755529
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    350, xxxp
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ