烈士の誕生 : 韓国の民衆運動における「恨」の力学

書誌事項

烈士の誕生 : 韓国の民衆運動における「恨」の力学

真鍋祐子著

平河出版社, 1997.6

タイトル別名

烈士の誕生 : 韓国の民衆運動における恨の力学

タイトル読み

レッシ ノ タンジョウ : カンコク ノ ミンシュウ ウンドウ ニ オケル ハン ノ リキガク

大学図書館所蔵 件 / 88

注記

文献:p390-407

内容説明・目次

内容説明

烈士とは、「利害や権力に屈せず、国のために節義を堅く守る人」を指し、義のためならばその場で命さえも惜しまぬほどの「烈しさ」を持つ人を指す。本書は、韓国社会における死の扱いを分析し、「烈士」の誕生と生成過程を考察した力作。また、最も重要なキーワード「恨」とは何かを問い、「社会構造」や「民族」といった観点まで洞察する。

目次

  • 序章(研究課題の設定;若干の概念規定および分析の視点)
  • 第1部 「烈士」の誕生と生成過程(「烈士」の誕生(1970年代)—全泰壱の生と死をめぐって;「烈士」の生成過程(1980年代))
  • 第2部 「烈士」の遺族たちによる運動圏への参与過程(李小仙にみる母親のモデル(1970年代);「遺家協」と遺された親たち(1980年代))

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ