書誌事項

行為の哲学

有福孝岳著

情況出版, 1997.9

タイトル読み

コウイ ノ テツガク

大学図書館所蔵 件 / 53

内容説明・目次

内容説明

復権する実践哲学!!アリストテレス、カント、フィヒテ、ヘーゲル、ニーチェ、ハイデッガーから道元、西田などの東洋思想までを吟味しつつ行為・実践・支配の根底に迫る。独創的な「行為的主体性」の概念を機軸に人間性の根源を照射し、混迷する現代に指針を与える哲学的労作。

目次

  • 第1章 行為とはなにか(行為とはなにか;行為の主体性;行為の優位)
  • 第2章 行為の歴史性(行為の歴史性—行為の歴史的自覚;行為の歴史—三つの時期をめぐって)
  • 第3章 倫理とはなにか(エートスとはなにか;道徳性と人倫性)
  • 第4章 実践哲学の復権(実践哲学とはなにか;実践哲学の復権)
  • 第5章 支配の基礎とその逆説—支配・自由・責任

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA32083078
  • ISBN
    • 4915252256
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    314, xviiip
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ