書誌事項

Profound development of operator algebras

(数理解析研究所講究録, 1024)

京都大学数理解析研究所, 1998.1

タイトル別名

作用素環論の深化

大学図書館所蔵 件 / 3

この図書・雑誌をさがす

注記

「作用素環論の深化」研究集会報告集, 1997年5月14日-5月16日, 研究代表者: 綿谷安男

収録内容

  • Recent progress of non commutative dimension theory / Takahiro Sudo
  • A Rohlin type theorem for automorphisms of certain purely infinite C[*]-algebras / Hideki Nakamura
  • Extremal richness of C[*]-algebras / Hiroyuki Osaka
  • Existence of a finite depth subfactor conjectured by Haagerup / Masako Asaeda
  • Constructing a non-degenerate commuting square from equivalent systems of bimodules / Nobuya Sato
  • Quantum algebra の複素化, quantum double について / 黒瀬秀樹
  • Actions of compact quantum groups on operator algebras / Masaki Izumi
  • Subequivalent systems of bimodules / Yasuyuki Kawahigashi
  • モジュラー包含について / 荒木不二洋, laszlo Zsido
  • 量子スピン系の正エネルギー表現 / 松井卓
  • 実数のβ-進展開からできる補間されたCuntz環 / 松本健吾 ; joint work with Y. Katayama & Y. Watatani
  • Full projections and automorphisms of stable algebras of unital C*-algebras / Kazunori Kodaka
  • ヒルベルト双加群と付随したC[*]-環 / 梶原毅

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA34139650
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    eng
  • 本文言語コード
    jpneng
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    111p
  • 大きさ
    26cm
  • 親書誌ID
ページトップへ