炭坑 (やま) の灯は消えても : 三池鉱炭じん爆発によるCO中毒の33年

書誌事項

炭坑 (やま) の灯は消えても : 三池鉱炭じん爆発によるCO中毒の33年

原田正純著

日本評論社, 1997.12

タイトル別名

炭坑の灯は消えても

炭坑の灯は消えても

タイトル読み

ヤマ ノ ヒ ワ キエテモ : ミイケコウ タンジン バクハツ ニ ヨル CO チュウドク ノ 33ネン

大学図書館所蔵 件 / 61

内容説明・目次

内容説明

1997年3月30日、三井三池炭鉱は閉山し、炭坑の灯は消えた。しかし、その34年前の炭じん爆発による被害はいまも消えない。本書は、『炭じん爆発—三池三川鉱の一酸化炭素中毒』をわかりやすく要約し、33年目の一斉検診と閉山後の動きを加えて編まれたものである。

目次

  • 序章 わが国の近代化のなかで流された血と涙
  • 第1章 三池三川鉱で炭じん爆発がおこった
  • 第2章 地底から必死の脱出
  • 第3章 炭じん爆発はなぜおこったのか
  • 第4章 炭じん爆発は防止できなかったのか
  • 第5章 炭じん爆発の背景
  • 第6章 一酸化炭素(CO)中毒の症状
  • 第7章 追跡、三池のCO中毒後遺症
  • 第8章 三池のCO患者の治療は
  • 第9章 ベルトコンベア
  • 第10章 10年目の告発
  • 第11章 炭坑(やま)の灯は消えても
  • 終章 三池の閉山を迎えて

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA34145358
  • ISBN
    • 4535582300
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 268p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ