エマージング・ソフトウェア会社のファイナンス戦略 : 日米比較によるソフトウェア担保融資とベンチャー・ファイナンス

書誌事項

エマージング・ソフトウェア会社のファイナンス戦略 : 日米比較によるソフトウェア担保融資とベンチャー・ファイナンス

櫻井通晴 [ほか] 編

コンピュータ・エージ社, 1997.9

タイトル読み

エマージング ソフトウェア ガイシャ ノ ファイナンス センリャク : ニチベイ ヒカク ニ ヨル ソフトウェア タンポ ユウシ ト ベンチャー ファイナンス

大学図書館所蔵 件 / 19

注記

その他の編者: 村上敬亮, 延原清一, 土井宏文

内容説明・目次

内容説明

米国ソフトウェア産業が民間リスクマネーの有効活用で、世界ソフト市場を席巻しつつある。一方、資金調達環境が脆弱な日本ソフトウェア産業は世界市場で大きく出遅れてしまった。日本版ビッグバンの強いインパクトの中で各種金融機関に、グローバルスタンダードな視点で、新たな手法によるベンチャー企業への投・融資に対する積極果敢な基準の見直しを促す。

目次

  • 序章 経済構造の改革と独立系ソフトウェア・ベンダー(ISV)の育成
  • 第1章 ソフトウェア産業の現状と課題
  • 第2章 ソフトウェア担保融資をめぐる現状の理論的分析
  • 第3章 米国におけるエマージング・ソフトウェア会社の戦略的資金調達
  • 第4章 日本におけるベンチャー・ファイナンスの現状と課題
  • 第5章 独立系ソフトウェア・ベンターのファイナンス戦略の未来像
  • 資料編

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ