現代会計報告の理論

書誌事項

現代会計報告の理論

郡司健著

中央経済社, 1998.4

タイトル読み

ゲンダイ カイケイ ホウコク ノ リロン

大学図書館所蔵 件 / 106

注記

文献あり

内容説明・目次

内容説明

本書は、グローバル化・高度情報化の進展のもとに、拡充と国際的調和を求められている現代会計報告の諸相とその基本的特徴を、おもに会計構造と会計主体という、ともに相関連する2つの側面から考察しようとするものである。

目次

  • 第1章 現代会計の進展と会計報告の拡充
  • 第2章 動的会計理論の展開
  • 第3章 ケーファー未来指向的会計理論
  • 第4章 未来指向的会計理論と現代会計の進展
  • 第5章 現代会計と損益計算書の新展開
  • 第6章 資金計算書の構造と意義
  • 第7章 連結会計報告と国際的調和
  • 第8章 会計ディスクロージャーの進展—ドイツ企業年次報告書の国際的調和化傾向と固有性を中心として

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA35094321
  • ISBN
    • 4502154652
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    4, 6, 192p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ