バガヴァッド・ギーターの世界 : ヒンドゥー教の救済

書誌事項

バガヴァッド・ギーターの世界 : ヒンドゥー教の救済

上村勝彦著

(NHKライブラリー, 72)

日本放送出版協会, 1998.1

タイトル読み

バガヴァッド ギーター ノ セカイ : ヒンドゥーキョウ ノ キュウサイ

大学図書館所蔵 件 / 37

注記

参考書: p338-339. 神名・人名索引, 事項索引: p340-348

内容説明・目次

内容説明

最高神(絶対者)は宇宙をあまねくおおい、同時に万物のうちにある。それが真実の自己アートマンにほかならない。最高神と真実の自己が一体であると真に知るとき、ひとは永遠で不変の境地に達する。—『バガヴァッド・ギーター』は、宗派を超えて愛誦されてきたヒンドゥー教最高の聖典である。その中心的な考えを、仏教や日本の宗教文化、日本人のものの考え方に与えた影響を視野に入れつつ解説する。

目次

  • 日本に入ったヒンドゥー教の神々
  • ヒンドゥー教の聖典と『ギーター』
  • 不滅の存在
  • 平等の境地
  • 絶対者に捧げる行為
  • 祭祀のための行為と知識
  • 行為の放擲と行為のヨーガ
  • 生前の解脱
  • 瞑想の実践
  • 一切が平等〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA35311893
  • ISBN
    • 4140840722
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    348p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ