大曽根章介 : 日本漢文学論集

書誌事項

大曽根章介 : 日本漢文学論集

大曾根章介著

汲古書院, 1998.6-1999.7

  • 第1巻
  • 第2巻
  • 第3巻

タイトル別名

大曾根章介 : 日本漢文学論集

日本漢文学論集

タイトル読み

オオソネ ショウスケ : ニホン カンブンガク ロンシュウ

大学図書館所蔵 件 / 166

注記

各巻末: 大曾根章介日本漢文学論集全三巻 巻別収録論文一覧

第3巻巻末: 大曾根章介日本漢文学論集 正誤表

内容説明・目次

巻冊次

第1巻 ISBN 9784762934193

目次

  • 文学史 総論(漢詩文の発達;漢文学の世界;平安初期の学問;王朝漢文学の諸問題—時期区分に関する一考察;苦悩する天暦の知識人—くずれゆく漢文学の王座 ほか)
  • 文学史 各論(和漢比較文学の諸問題;「兼済」と「独善」—隠逸思想の一考察;日本古典文学の思想;漢詩文にみる身と心;河原院と池亭—名邸の夢と現実 ほか)
  • 文体論(漢文体;『本潮文粋』の文章—駢儷を中心にして;平安時代における四六駢儷文—『本朝文粋』を中心にして;漢文の修辞—対句について;『作文大体』の対偶論 ほか)
巻冊次

第2巻 ISBN 9784762934209

目次

  • 詩人論・作品論(平安初期の女流漢詩人—有智子内親王を中心にして;入唐求法巡礼行記—中国への求法の旅;菅原道真—詩人と鴻儒;詩人菅原道真 ほか)
  • 典籍解題(竹取物語;三宝絵詞;和漢朗詠集;『本朝文粋』の原形について ほか)
巻冊次

第3巻 ISBN 9784762934216

目次

  • 和歌・物語・説話・軍記に関する論(国風暗黒時代の和歌;菅原道真と『万葉集』;詩人菅原道真はなぜ一方で歌人だったのか ほか)
  • 書評(川口久雄氏著『平安朝日本漢文学史の研究 上』;川口久雄博士著『平安朝日本漢文学史の研究 下』;大阪市立大学中国文学研究室編『中国の八大小説』 ほか)
  • その他(日本漢文学;慶滋保胤;新猿楽記 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA36579461
  • ISBN
    • 4762934194
    • 4762934208
    • 4762934216
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    3冊
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ