書誌事項

交響する群像

清水孝純著

(『カラマーゾフの兄弟』を読む, 1)

九州大学出版会, 1998.6

タイトル読み

コウキョウ スル グンゾウ

大学図書館所蔵 件 / 90

内容説明・目次

内容説明

本書は十九世紀ロシアの作家フョードル・ミハイロヴィッチ・ドストエフスキー最晩年の大作『カラマーゾフ兄弟』の読解を試みたものである。

目次

  • 混沌と光
  • ある難題
  • フョードルと息子たち
  • 「魂の父」ゾシマ長老
  • 反空間としての僧院
  • 下男グリゴーリイの役割
  • ドミートリイの「告白」
  • フョードル対スメルジャコフ、二つのシニシズム
  • 流動する言葉・隠蔽する言葉・不動の言葉
  • 手法(プリヨーム)としての出会い

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ