大橋訥菴 : 日本「商人国」批判と攘夷論

書誌事項

大橋訥菴 : 日本「商人国」批判と攘夷論

小池喜明著

ぺりかん社, 1999.2

タイトル読み

オオハシ トツアン : ニホン ショウニンコク ヒハン ト ジョウイロン

大学図書館所蔵 件 / 52

注記

大橋訥菴関係年譜: p177-189

内容説明・目次

内容説明

開国・交易により商人国に転落する日本を予測し、攘夷の思想を正当化した幕末儒者大橋訥菴(1816〜62)についての論考。

目次

  • 反近代の道標—幕末における「商人国」批判とその系譜(中国における「義」と「利」;近世日本における「義」と「利」 ほか)
  • 攘夷の倫理(幕末攘夷論の位相;華夷思想—攘夷論の基盤 ほか)
  • 華夷思想再考—西洋認識の一視角
  • 攘夷と遊里—有吉作品の時代背景

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA41082972
  • ISBN
    • 4831508713
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    194p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ