書誌事項

基礎通信工学

福田明著

森北出版, 1999.3

タイトル読み

キソ ツウシン コウガク

大学図書館所蔵 件 / 116

注記

参考文献: p253

内容説明・目次

内容説明

本書は「通信工学」という大海へ初めて乗り出す人々を対象とした入門書である。電気・電子・通信などの諸学科の学部学生を主な対象としているが、単なる数式の羅列ではなく、定性的な理由づけや直観的な意味の把握を重視しているので、初めて通信工学を学ぶ社会人や、高専・短大などの生徒にも大いに役立つものである。

目次

  • 第1章 通信工学概論
  • 第2章 信号とスペクトル
  • 第3章 信号の伝送
  • 第4章 線形変調通信方式
  • 第5章 角度変調通信方式
  • 第6章 アナログ信号のディジタル化
  • 第7章 ランダム信号と雑音
  • 第8章 連続波変調通信方式と雑音
  • 第9章 基底帯域ディジタル通信方式
  • 第10章 帯域通過ディジタル通信方式

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA4146684X
  • ISBN
    • 4627782810
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 260p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ