近代フランス哲学講義

書誌事項

近代フランス哲学講義

竹田篤司著

論創社, 1999.10

タイトル読み

キンダイ フランス テツガク コウギ

大学図書館所蔵 件 / 94

注記

文献案内: p222-229

内容説明・目次

内容説明

モンテーニュ、デカルト、ラ・ロシュフコー、パスカル、ベール…。近代フランス哲学の流れのなかで、「人間」や、そのあり方・生き方というものがどのように捉えられ、実践されてきたのかを考察しながら、哲学の意義と人生の指標を探求していく恰好の哲学入門の書。

目次

  • 第1日 人間の研究/モラリスト/メモリアリスト
  • 第2日 モンテーニュの「人間の発見」
  • 第3日 デカルトにおける認識と生活
  • 第4日 ドン・キホーテの「哲学」
  • 第5日 パスカルと宗教的人間
  • 第6日 細部と全体/個と普遍—18世紀へ向けて
  • 7日目は、ひとつまみ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA43885300
  • ISBN
    • 4846002829
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    229p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ