書誌事項

理性と美的快楽 : 感性のニューロサイエンス

ジャン=ピエール・シャンジュー [著] ; 浜名優美, 木村宣子訳

産業図書, 1999.12

タイトル別名

Raison et plaisir

タイトル読み

リセイ ト ビテキ カイラク : カンセイ ノ ニューロ サイエンス

大学図書館所蔵 件 / 126

注記

監訳: 岩田誠

内容説明・目次

内容説明

芸術家が創造するとき、脳の中で何が起こっているのか?絵を凝視するときには、どんなメカニズムが脳の活動を支配しているのか?美的快楽というこの奇妙な、きわめて強い感情はどこから生まれてきたのか?人はそれを説明することができるのだろうか?長い間、芸術的創造は謎とされてきた。しかし20年ほど前から、神経科学と認知心理学の貢献により、その謎は深まるどころか、徐々に解明されている。脳のエキスパートであり偉大なコレクターでもあるジャン=ピエール・シャンジューは、あまり知られていない国内外の傑作をちりばめた本書の中で、われわれをまさに創造のプロセスの中心にある素晴らしい「哲学的冒険」に招待してくれる。

目次

  • 序章 芸術と神経科学
  • 第1章 理性と美的快楽
  • 第2章 収集家のまなざし
  • 第3章 科学から芸術へ
  • 結論 危険にさらされている文化遺産、期待される物納制度

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA44931866
  • ISBN
    • 4782801300
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    11, 207p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ