葉の裏で冬を生きぬくチョウ : ウラギンシジミ10年の観察

著者

    • 高柳, 芳恵 タカヤナギ, ヨシエ
    • 村山, 純子 ムラヤマ, ジュンコ

書誌事項

葉の裏で冬を生きぬくチョウ : ウラギンシジミ10年の観察

高柳芳恵文 ; 村山純子絵

(わたしの研究, 6)

偕成社, 1999.9

タイトル読み

ハ ノ ウラ デ フユ オ イキヌク チョウ : ウラギンシジミ 10ネン ノ カンサツ

大学図書館所蔵 件 / 16

内容説明・目次

内容説明

ウラギンシジミは、ツバキなどの常緑樹の葉の裏に、四本の足でつかまって、じっと厳しい冬を生きぬくチョウです。二本の前足と触角はからだにしまいこみ、嵐の日も雪の日も葉にしがみついて、春がくるのをまっています。公園や街路樹、庭木にもみつかる、意外と身近なチョウですが、これまで誰も、その一生を詳しく調べた人はいません。小さな命をみつめつづけた、三人の子をもつ主婦の十年間の観察記録。生命の感動が、つぎつぎと解き明かされていきます。

目次

  • なぜ嵐の裏で冬をすごすの?
  • はじめてさがしたウラギンシジミ
  • おきていたウラギンシジミ
  • 冬ごしのようす
  • ウラギンシジミは太陽が好き
  • つぎつぎといなくなる…
  • 風はいのちとりか
  • いのちをつなぐ雨のしずく
  • 春の飛びたち
  • 幼虫をさがしあるく〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA45076665
  • ISBN
    • 4036346601
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    158p
  • 大きさ
    22cm
  • 親書誌ID
ページトップへ