神経泌尿器科学研究法 : これから研究を志す人のために

書誌事項

神経泌尿器科学研究法 : これから研究を志す人のために

武田正之編集

日本医学館, 2000.1

タイトル読み

シンケイ ヒニョウキカガク ケンキュウホウ : コレカラ ケンキュウ オ ココロザス ヒト ノ タメニ

大学図書館所蔵 件 / 21

注記

和文索引:p166-169, 欧文索引:p170-172

各章末: 文献

監修:高橋公太

内容説明・目次

内容説明

本書は、薬理学、生理学、分子生物学、生化学、組織化学および電気生理学などさまざまな研究方法とその意義、神経泌尿器科学研究におけるこれらの技術の使い方などについて、詳しくまたわかりやすく解説したものである。

目次

  • 1 Introduction
  • 2 In vitro(等尺性張力実験;分子生物学;組織学;Radioligand Binding Assay ほか)
  • 3 In vivo(誘発電位を用いた排尿求心路の研究法;脳室・脳幹内薬剤投与法;微小電極による脳内局所刺激法;脳梗塞ラットモデルを用いた研究法 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA45741378
  • ISBN
    • 4890444289
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    172p
  • 大きさ
    26cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ