Ein Beitrag zur Lehre von der idiopathischen Osteopsathyrosis

著者

    • Matsuoka, M.

書誌事項

Ein Beitrag zur Lehre von der idiopathischen Osteopsathyrosis

M. Matsuoka

F. C. W. Vogel, 1909

大学図書館所蔵 件 / 1

この図書・雑誌をさがす

注記

Offprint. Reprinted from "Deutschen Zeitschrift für Chirurgie", Bd. 98

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA50736912
  • 出版国コード
    gw
  • タイトル言語コード
    ger
  • 本文言語コード
    ger
  • 出版地
    Leipzig
  • ページ数/冊数
    p. 408-414, folded [1] leaf of plate
  • 大きさ
    23 cm
ページトップへ